受難週の聖書を読むための手引き

 今年、津田沼教会の祈祷会では、キリストが十字架へと進まれるまでにどのような歩みをなさっておられたのか、聖書箇所を読んでいくシリーズを行ってきました。この資料を掲載します。あなたがキリストの十字架について考えるための、何かの助けになることを願います。[全5回]
 イースターの週のためのものも追加しました。[計・全6回]


第一回目  「不信仰」

 キリストは、人々の身代わりとなって罪を背負うために、十字架へと向かいました。では、イエスがそこまで愛されたこの人々は、いったいどのような信仰を抱いていたというのでしょうか。

マルコより
2:6-10

2:15-16

3:4-6

3:20-30

4:37-38

6:1-6

6:47-52

8:4-21

8:31-33

9:30-32

9:33-37

10:13

10:35-41

11:18

14:3-5

14:10-11

14:50-52

◇最も気になる箇所はどれですか。
 どんな感想を抱きますか。
◇なぜ、キリストはこのような人々のために、あえて犠牲を払われたのでしょうか。
 マルコ2:17、ローマ5:6-11を読んでみましょう。


第二回目  「キリストにほめられた人々」

 キリストの生涯は、それ全体が受難の日々であったとも言えるのだろうと思います。そのような中にあって、主の心を喜ばせ、沸き立たせたのはどのような信仰であったのか。主が何を好まれていたのかを考えつつ、読んでみましょう。

マタイより
8:8-13

11:11

15:26-28

16:15-19


マルコより
2:3-5

5:30-34

10:46-52

12:32-34

12:42-44

14:6-9


ルカより
5:8-10

7:44-50

17:15-19


◇主はどのようなものを喜び、楽しんでおられるのでしょうか。
◇自分の姿と比較してみて、最も違っているなと思うのは、どれですか。
◇私たち自身の姿の中で、主がとくに喜んでくださるだろうと思うのは、どのようなものですか。

※私たちが、主の受難を心に思い、大切にしようとするのであれば、それは自分の生き方そのものを問い直すことにつながっていくのだろうと思います。


第三回目  「キリストの力」

 十字架はふつうに考えて、弱さと敗北の象徴です。救世主としてはあまりにも不似合いな姿で、だから群集は嘲り、罵倒しました。十字架を受け止めるために、私たちはこの方の力について、もう一度確かめなおす必要があるでしょう。

マルコより
1:12-13

1:21-22

1:23-26

1:30-31

1:32-34

1:40-45

2:5,8-12

4:35-41

5:25-29

5:35-43

6:38-44

6:48-52

7:31-37

8:4-9

9:2-4

11:7-10


 ユダヤの古書には、イエスのことを「イスラエルを欺いた妖術使い」と記されていたようです。その力をどう評価するかは様々であっても、この方に力があったことについては、少なくとも当時の人々は皆、認めていました。そして、キリストはこのように告げています。
マタイ 11:2-6
ヨハネ 10:25,37-38


第四回目  「父なる神・子なる神」

 マタイ27:45-46を、まず読みましょう。これは、子なる神キリストの壮絶な叫びです。この重大さを知るために、私たちは、父なる神と子なる神がどれほど親密に歩んでおられたのかを知る必要があるでしょう。

マタイ
1:20-23

3:16-17

11:25-27

マルコ
1:35

ルカ
2:8-14

2:48-49

9:34-36

11:2-4

23:34

ヨハネ
1:1-5,14,18

5:17-27

6:37-40

10:14-15,29-30,33-38

14:6-7,9-11

17:1-2,5,11,

ですから、キリストは十字架へ向かうときにも、父なる神との結びつきを基として進まれたのです。

マタイ
26:36-46(父なる神が共にあることこそ、何よりの支えであった)

26:63-66(死刑判決の理由は、神の子として父なる神と一つと宣言したからこそ)

27:42-43(人々の罵声を、むしろキリストは胸を張って受け止められただろう)

※では、最初の箇所を改めて読んでみてください。ここには、父なる神と子なる神キリストとの断絶が叫ばれています。どちらにとっても最も重要な要であることが、断ち切られている。三位一体の神が、です。詳しい仕組みがどうなっていたのかは、人に理解できることではないでしょう。でも、キリストは確かに、「父なる神に見捨てられた」と告げられたのであり、その深刻さは想像を絶するものです。
人類が救われるためには、神ご自身がそこまでの木税を払わなければどうにもならなかったということです。神との断絶は、まさに人の姿であるのですから。キリストの受難は、肉体的な苦しみだけではなく、霊の奥深くにまで達するものでした。


第五回目  「キリストの心」

 キリストは感情豊かな方です。激情を覚えられることもあり、決して悟りすましたような存在ではない。それは、人々のことを案じ、いとおしむ思いから出ているものです。十字架は神の愛が示されたところ。その生涯から、キリストの心をたどりましょう。

マタイ
9:35-38

11:16-19

11:20-24

11:25-30

15:32

16:21-28

17:14-18

17:24-27

18:5-10

19:23-30

21:12-17

21:18-19

23:25-28

23:37-39

ヨハネ
11:3-6

11:30-37

11:38-40

13:1-11

※ルカ15:7、10、20-24、31-32も開いてみましょう。


第六回目  「復活されたキリストの言動」

 今年度の受難・イースター祈祷会の締めくくりとして、復活後のイエス様がどのようなことを語り、何をしておられたのかを、全部まとめて読んでみることにします。

マタイ 28章
9-10

ヨハネ 20章
14-17

ルカ 24章
15
17
19
25-27
29-31
36
38-43
44-49
50-51

ヨハネ 20章
19-23
26-29

ヨハネ 21章
4-6
9-10
12-14
15-17
18-19
22

マタイ 28章
18-20

使徒 1章
4-5
6-8
9


 このシリーズはここまでです。