キリスト教用語辞典(私家版)

 =あ=

[挨拶]
 信仰者同士が顔を合わせた時、互いに交わすようにと教えられていること。聖書の時代は接吻という風習があったけれど、やり方は土地の風習に準ずる。今の日本だったらにこやかな笑顔と温かい言葉を用いるのが一般的。握手をする人も多い。同性でもハグする習慣は、まだ少数派であるように思う。もっとも10年後にはどうなっているか不明。いずれにしても、形だけでは意味がなく、相手を大切に思い、相手のために祈る心を伴うことが肝要。

[朝]
 聖書の社会では、一日は日没から日没までとされていた。もっともこれは、日が沈めば一日は終わる、という理解から出てきた設定で、夜が一日の始まりだと意識されていたわけではない。人が行動するのは明るい時間帯であり、実質的には朝こそが一日の出発点だ。このため朝という言葉に昼全体が含まれていることもあり、光や祝福を象徴する場合もある。ただし、人の営みはしばしば厳しさに襲われるものであり、そういった苦闘に向かっていこうとする朝には涙が伴うことにもなる。それでも神は、夕暮れには笑いながら戻ってくることができるのだと告げて、一日全体としての祝福を約束しておられる。それは一日24時間というだけではなく、生涯全体としての幸いとしても見ていくべきものだ。

[あわれみ]
 この言葉を上から見下されているようで嫌だ、と言っていた人がある。なるほどと思うが、神と人との関係については、この落差を自覚しておくことが欠かせない。自分たちもそこそこのもの、神は先輩か兄貴のようなもの、そんな自負心がよく姿を現す。親しみを覚えるのは良いことだが、その実現に神がどれほどの高低差を降りてこられたのか、犠牲を払われたのかは、決して忘れてはいけない。さもないと神抜きで自分たちが王様になってしまう。でも、そうしてあわれんでいただいているのだから、他の人に対しては「かわいそうだから助けてあげる」ではなくて、その悲しみを自分自身の痛みとして受け止め、自分自身の切なる願いとして祈り、一緒に神の助けを待つ者でありたい。


=い=

[生きる]
 神が与えて下さったいのちだから、生きることを大事に思うのは当然だ。生命を粗末に扱うことは断じて許さないと、神は人類に告げておられる。自分のいのちも、他の人のいのちも、である。けれど、この世のいのちだけに執着しないことも、聖書が語る真実だ。「一粒の麦、もし死ねば実を結ぶ」という言葉はイエスご自身のことを指しているが、この方についていこうとする者たちにとっても深く考えていくべきことだ。もし私たちが、与えられている幸いを知り、このいのちの価値と意義を十分に思い知るならば、きっと豊かに生き、そしてまた、確かに死を迎えることができるだろう。

[いたわり]
 自分のことで精一杯になると、他の人を顧みる余裕を失ってしまう。手を貸せば共倒れになると無意識に気づいているからだろう。でも、誰もが自分のことだけに集中していたら、つらい時、弱い時にも助けてくれる人はどこにもいなくなる。それもまた共倒れ、いや、全滅の危機に瀕することになる。どちらも厳しいことは事実だが、この先に可能性を見ることができるのはどちらか。互いにいたわり合えという聖書の教えは、余裕があれば、という話ではない。余裕がなかったとしても、もし真に良き助けを期待できる社会でありたいなら、いたわりを心する必要がある。ほんの小さなことからでも。

[岩]
 堅くて重い岩は扱いには苦労する。遠目には似ていても、シュークリームのようにふんわり心地良くというわけにはいかない。それでもシュークリームを信頼して寄りかかるのは愚かだ。家の礎には頑丈な岩が必要で、砂の上に建てると液状化の問題に見舞われる。ただし、この頑丈さはその上に落ちるものを粉々に砕くことにもなり、甘く見ていると痛い思いでは済まない。聖書はイエスのことをそういう岩だと語る。そして同時に、信仰者たちのことも岩と呼んでいる。この不安定な弱き者たちを、である。それは神がこの問題多い人間たちと共に歩んでいく決意をし、必ず守り支えると約束して下さっていることの現れだ。岩という言葉は希望の鍵である。


=う=

[歌]
 詩篇がもともと曲のついている歌であったように、古来、人は歌うことによって大事な思いや教えを人々の記憶に植え付けていった。今でも単なる暗唱聖句より曲に乗せた方が心に留めやすい。聖書に最初に出てくる音楽家はカインの子孫であるが、だからと言って否定的に見る必要はもちろんない。歌を良いものにするのも、悪いものにするのも、それを用いる人の心次第だ。ただ、どうも人はせっかく良い価値のあるものを悪用する傾向があるので、意義あるもの、力のある物事ほど、これは人々の幸いのためにこそという意識をしっかりと抱いている必要があるだろう。そうやって、歌を楽しみ、音を楽しみたい。音楽なのだから。

[うなじのこわい]
 首筋が固くなっていることだが、柔軟体操を勧めているわけではなくて、人の心が強情になっていることを指摘する厳しい言葉だ。あっちにふらふら、こっちにではあまりほめられたものではないけれど、自分は絶対に正しいのだとばかりに人の言うことに耳を貸さず、神の呼びかけにも目を向けようとしないことで、どれほど多くの幸いをみすみす逃してしまっているかを思うと、心の首筋はできるだけ柔らかくしていたいものだ。人はあいにく様々な間違いをしてしまう。完全無欠という人はいない。だとすれば神に教えられ、諭され、改めさせられることは決して恥ではなく、リラックスして臨むべき基本の姿だ。こどものような信仰と語られているのも立派さや純粋さではなくて、心の柔らかさを語るものだ。もっとも最近は年齢に関わらず思いがカチンコチンに固まっている人も少なくないのだが。

[占い]
 先々のことを知りたいと願うのは人の基本的な欲求なのか、世界の至る所に占いはある。でもはたしてこれが真実かは誰にも分からず(人の力を越えたものなのだから)、もしかするとたぶらかそうとするものかもしれず。それになぜ、信頼できる神に尋ねるのでなくて他のものに依存するのか。だから聖書は占いを強く否定する。神への信仰を大切にするため、そしてまたその人自身の安全のためにも。知るべきことは神がちゃんと知らせて下さる。そうでないことは知らなくていい、または知るべきではないことなのだと気づきたい。


=え=

[永遠]
 この言葉から時間的な長さを思い浮かべるのは、人間が物事を数字で把握しようとする傾向が強いからだろうか(そのわりに算数は苦手という人は多いのだが)。聖書で永遠が語られるのは、長さよりもむしろ終わりがないことを伝えるためだ。永遠の神とは、消えてなくなることはもちろん、変質することもないという意味で、もちろん寿命などあるはずもない。私たちの信仰にとってより切実なのは、神の約束は永遠であるということで、期限切れなど決してない。だからこそ私たちはこの方を信頼し、委ねて従うことができる。

[栄光]
 栄光は神に、というのがこの信仰の基本だ。良きことがなされている時、そこには神の恵みがあり、支えと導きがあるのだから、称賛されるべきは確かに神である。これを取り違えて人間が称賛の中心になると、いつのまにか神の助けが忘れ去られ、神などいなくても良いという暴論に進んでしまう。とは言え、これは人間の心がけの問題。神ご自身の思いからすれば、何も人々にほめられたいわけではなく、称賛を浴びたいと思われているわけでもない。神の願い、欲求は、人間たち自身こそが幸いであることであり、そのために多大に犠牲と忍耐と、覚悟をもって関わり続けてくださっている。神にとっての歓喜は人が真の幸いを手にしていることであるのだから。

[偉い]
 この言葉は本来、集団のリーダーになったり、責任ある立場につくことを言うものだから、それ自体はとても意義のあることだ。誰もがそういった重荷を背負うことを嫌い、逃げていたら、社会そのものが崩れてしまう。こういう責任を担うことは社会的なものだけでなく、家族でも友人関係でも、必ずしも立場の上下ではないが、誰もが問われていることであり、必要なことでもある。この言葉に悪いイメージがつきまとうのは、自分の利得か満足のために立場を悪用する人が少なくないからだ。大事なのは、立場の有無ではなくて常に他の人のことを顧みて、主の御心がなるようにと願い求めて取り組んでいくこと、つまり神を愛し人を愛することである。そのためだからこそ、様々な場面で自分が苦労を背負う覚悟もまた求められていくのである。立場的には、それは「偉く」なることかもしれないが。


=お=

[遅い]
 約束を遅延なく果たすことは物事の信頼性、誠実さの根幹であるのに、聖書には「主よ、いつまでですか。いつまで待てば良いのですか」という叫びがある。怠惰あるいは力不足からの遅延なら批判を浴びて当然だが、神の場合は違う。人の目には遅れているように見えても、人々の幸いを願うからこそ忍耐強く待ってくださっているのであったり、人々のかたくなな抵抗の中で、処断しておしまいにするのではなく働きかけ続けて下さっていたり、それゆえに費やされている時間だ。願いが応えられない時に戸惑い、焦り、うめく、その正直な思いを抑えつける必要はない。でもそこに神の深い御心が、私にはまだ知り得ていない顧みがあることを期待して待ち望むことは忘れないでいたい。

[おもてなし]
 今年の流行語になったが、そこに込められているのは単に良いものを提供するということではなく、相手のことを深く思いやり、その人の幸いのためにこそ取り組んでいくことだと言われる。また、そのために犠牲を払うことも含んでいる。とすれば神のなさっているのは、まさにおもてなしであると思う。クリスマスに御子が生まれたのも、地上での生涯も、そしてまた十字架での贖いも。聖書はそれを「恵み」と表現し、あるいは「愛」という言葉で語るのだが、これは神の御心において根幹をなすものと言える。そして「互いに愛し合え」と告げられている私たちとしても、真実なもてなしを心したいものだ。

[折れる]
 心が折れる、という話だ。きっとそれは、良きことを目指して奮闘していた人、あるいは心を注いで誰かを案じ、祈り続けていたような人に起こることだ。適当に済ませていたら、うまくいかなくても、まあそんなもの、と自分を納得させることもしやすいだろう。そんな真剣さと表裏一体だからこそ、折れてしまう時の衝撃も後遺症も激しい。それはあまりにも痛ましく、悲しいことだ。ゆえに聖書は、「あなたの重荷を神に委ねよ」と諭す。そこにあるのが良き心であるからこそなおさら、一人で抱え込んではいけないと禁ずる。価値あることはその人だけの業ではなく、神と共になされる業、そしてまた、神の前に志を同じくする人々と共に担うものだ。良き重荷であるからこそ、主の前に下ろすべきなのだ。


=か=

[勝つ]
 敵をたたきのめし、退散させる、あるいは壊滅させるという攻撃のイメージで考えれば、相手よりも強い力を持ち、相手を圧倒して完全に打破できさえすれば、あとは安心してのんびりしていられるはずだ。でも、聖書の語る「勝ち」はむしろ防御のイメージが強く、その相手に支配されない確かさ、影響されない盤石さが問われる。罪や誘惑などへの勝利がそうであるように、ひとたび勝利を収めても、それで慢心したり、神の助けをおろそかにすれば、あっという間に崩れてしまう。神は少なくとも現時点では、悪魔も含め、そういった悪しきものを完全に消し去ることはなさっていないので、緊張状態は続くのだ。でも案ずる必要はない。私たちの勝ちは神の助けによってこそであり、神と共にある限り、自分の力量に不安があったとしても、この勝ちは決して揺るがないのだから。

[悲しみ]
 悲しむ者は幸い、と語られているけれど、誰だってつらい目になど遭いたくない。それでも幸いでありえるのは、慰めがあるからだ。悔い改めの悲しみが大事なのも、それによって神の助けを受け取るようになるからだ。良きものが後に続くからこそ、なのだ。だとしたら、悲しむ人を慰め、弱っている人を助け、気落ちしている人を励ますことは、何としても追い求めていかねばと思う。残念ながらこの世にはたくさんの惨劇が蔓延している。そんなものは出現しない世界になったら一番だが、なかなかそうはいかない。涙する人々はいつもいる。だからこそ、この闇を打ち破って光をもたらす大いなる業に、人は皆、それぞれの持つ小さな力を持ち寄って、取り組んでいきたいものだ。

[川]
 聖書に出てくるものとしては、やはりヨルダン川である。エジプトから旅してきた民は、その川岸に立ち、向こうに広がる約束の地を見渡していた。さほど広い川幅ではない。でも、流れは速くてためらいが生ずるし、万が一向こう側で事態が悪化したら逃げ帰る際の大きな妨げになる。でも、そこには神が確かに用意して下さっている豊かな祝福が待ち受けている。それに彼らが神を信頼して踏み出すなら、川の水は引いて何の支障もなく渡ることもできるのだ。ただし、彼らはまだそれを知らない。さあ、あなたはどうする、と問いかけてくる川面は、私たちの人生にも、信仰の歩みにもある。決断を問う川の流れ、である。


=き=

[記憶]
 何があったのかを覚えていることは大切だ。自分が何をしてきたのか、そこで神様にどんなに背いてしまっていたのか。何ごともなかったかのように、きれいさっぱり忘れてしまっては、与えられた恵みの大きさも分からなくなる。同じように、神様がどれほど豊かに祝福して下ったのかも、よくよく心に刻んでおきたい。さもないと、感謝を忘れ、役に立つはずもないような別の何かに走ってしまうだろう。旧約のイスラエルは記憶を捨ててしまった。信仰にとって、神の言葉と御業、ご自身を記憶していることは大切な要である。

[疑問]
 疑問を持つことは信仰に反する、と考えている人は多いようだ。でも、疑問を投げかけられて怒りを爆発させるのは、何かやましいことがある時ではないか。男女の間柄で言えば、「俺が信じられないのか」と怒鳴ったりするのは、カモフラージュの意味合いが強いだろう。ちゃんとした関係があるなら、信頼してもらえていないことへの悲しみのほうが強く表れてくるに違いない。それに疑問には積極的な意味もある。相手の真意を知りたいという熱い思いがある時ほど問い質す言葉も多くなるが、愛する相手に関心を持ってもらえるのはむしろ喜びと楽しみになるだろう。神様の言葉や業は人の理解を超える場合も多いので、私たちが疑問を抱くのは当然だ。神様はそういう問いかけを深く歓迎される。

[今日]
 人は昨日を振り返り、明日を思い描くことは多いが、今日という時に心を傾けることが少ないようだ。でも、人には過去を変えることはできず、未来はまだ手が届かず、できることというのは、今この時をしっかりと生きることだけ。それに、今日というのはとても貴重だ。何しろそれは、今この瞬間しか存在しないもので、あっという間に過ぎ去ってしまうのだ。人にできることはごくごく限られていることを思わせられる。イエス様が、鳥を養ってくださる神様を信頼して、明日のことは明日に任せて、その日その日を確かに歩めと教えておられたことを、思い出したい。


=く=

[苦]
 く、から始まる言葉を思い浮かべてみると、苦という字がつくものがたくさんあることに気づかせられる。苦悩、苦難、苦境・・・。信仰を語る際には大事な要素となるものばかりである。苦を好む人はいまい。できれば避けていたい、ただ、どうしても必要なことのためならば苦も厭わず。大切な信仰の心だ。でも、もう一言付け加えたい。神の前には苦の先がある。忍耐だけではなく、覚悟して抱えることだけではなく、助けを期待できる神を見上げ、呼び求めて、最善がなることを待ち望んで歩む。そういう続きがあるからこそ苦から逃げず、あえて正面から向き合っていこうともする。それが苦に対する姿勢だ。

[草]
 すべての人は草、草は枯れ、花はしぼむ、というイザヤ40章の言葉は印象的だ。おごれるものは久しからずとは平家物語の言い回しだが、人が頼みとする自分たちの力や業績、力などがどれほど危ういもので、微かなものに過ぎないかを、人類は、個々人においても、世のありようとしても、いやと言うほど思い知ってきたはずなのに。でも人は相変わらず、草に過ぎないものにしがみついている。ただ、そんな草に過ぎないものを大切だと言ってくださる方がいて、それを守るためには何でもすると約束してくださり、実際にすべてを投げ打ってまで助け出してくださった方がいることを、思い出したい。価値あるものを大事にするのは当たり前だ。でも本人ですらあきらめてしまう時に、なお追いかけてきてくださる神がおられる。人は草だと痛感する時に、そのことを思い出したい。

[悔やむ]
 失敗しない全知全能の神には、悔やむという言葉は似つかわしくないようにも思えるが、聖書は明らかに神が悔やまれている様子を語る。わかってはおられたはずだ。それしか道がないことをご存じでもあった。それでも、人が罪に落ちていく姿をご覧になるとき、悔しいと嘆かれ、心を引き裂かれる思いをなさり、慟哭なさるのが神の心だ。どうなってもいいと放り出せない相手だからこそ、切望する相手だからこそ、神は人の姿を悔いられるのだ。


=け=

[計算]
 家を建てるのにあらかじめ費用を計算して用意していないなら愚かなことだと、イエスは語られたことがある。どれほど熱意が語られようとも、それでは、真に実現させようとする意図がないと見られても仕方がない、ということだ。信仰に関わることは気持ちの面が注目されやすいが、偉大な情熱は具体的に何をしていくのかによってこそ明らかにされていく。人々の気持ちを高揚させるのも容易ではないが、それを具体化するための地道な取り組みはとても大変な努力を必要とする。でも、その苦闘を無視しては真の価値は求められない。

[元気]
 良く晴れた空のもと、元気よく街を歩くことができるのは幸いなことだ。はつらつとした足取りは自分にも回りの人にも喜びを与えてくれるだろう。ただ、雨の日もあるし、膝が痛い日もある。そうすると、笑顔なんてものはどこか遠くに置き忘れてしまったようで、元気の「げ」の字も見たくないと頭を抱えてしまうのかもしれない。心底笑えるようなものを経験したことのある人ですら、回りの状況に翻弄されて一切は夢だったのだとつぶやくことにもなる。だからこそ、今の自分が感じていることがすべてではないと、自分自身に言い聞かせておきたい。人の感情などその程度のもの。もっと確かなもの、間違いなく信頼できる方が約束してくださっていることにこそ、真実はあるのだと知っておきたい。

[謙遜]
 聖書でも繰り返し告げられている資質だが、勘違いされていることも多い。モーセはとても謙遜な人だったと書かれているが、彼は決して自己卑下はしないし、自分が神から与えられている使命も立場も遠慮はしなかった。批判されることを拒みはしないし、自分は絶対正しいなどとは言わないけれど、人々の判断に任せるのではなく、神に決めていただくという姿勢を貫いていた。自分の限界をわきまえることは大切だ。横柄さや傲慢は物事を破壊するだけでしかない。でも、事を評価するのは人ではなく、神ご自身だ。だから、もしも衝突があるのなら、両者ともに神の前に立ち、神が諭し、導いてくださることにゆだねたい。


=こ=

[公共]
 ようするに、人は自分ひとりで生きているのではない、ということ。神は人間を共に歩む者として造られたのだから、お互いのことを顧みて、助け合い、励まし合って進んでいくのが御心に沿う姿である。愛し合うこと、赦し合うこと、仕え合うこと、戒め合うことなど、聖書は繰り返し、他の人と関わりながら生きることを指し示している。神が切々と語られるのは、人はいとも簡単にこういう関わりを投げ捨てているからだ。ただ無関心になる場合もあるし、自分の都合のために相手を利用するばかりのこともある。世のため、人のため、公共のためと言いつつ、人々を押さえ込んでいる社会の現実も痛感させられる。

[心]
 心が傷つくことを「胸が痛い」と言うのは、そこに心臓があるからだろう。漢字を見ても、その関係の深さはよくわかる。心は頭にあると言われることもある。思考を司る脳との関係を重視しているのだ。最近は身体全体が心の居場所だと説明されることもある。そのあたりの真偽は様々考えていただければ良いが、共通するのは、心は身体と密接に結びついているということだ。それなのに、私たちはしばしば心の内に思うことと実際の行動を切り離してしまっている。それは車のタイヤが右と左と別々の方へ進もうとするようなもので、健康的な日々が送れるはずがない。物事は素直が基本だ。神を愛するなら、神と同じものを喜び、同じものに悲しみ、そして同じ方向を向いて取り組みたいではないか。

[言葉]
 日本には古来、言霊という考え方がある。口に出して語った言葉には、それ自体としての強い意味と力が備わるのだという趣旨で、いい加減な言葉を戒める意味合いもあった。人の力は限られているから摩訶不思議な力が発揮されるわけではないけれど、言葉の重要性と責任性はよくよく心に刻んでおいた方がいい。それに神ご自身の言葉はその偉大な力と私たちを思う慈しみに裏付けされているのだから、もっと信頼し、期待し良いはずだ。そういう感覚を忘れてしまうと、世の中には軽い言葉が横行し、人の心は裏切られ続けるのだ。


=さ=

[財]
 聖書は財に思いを寄せることを警告するが、神の祝福としての豊かさも語っており、財そのものを害悪視しているわけではない。神が与えられた良きものを間違った心で受け止めて悪化させるという人の常が、ここでも出てきてしまっているのだ。事態打開には誘惑の種を排除するだけでは足りない。神にこそ自分の必要を願い求めること、財を与えられたら神に心から感謝すること、御心に沿って大切に用いる決意をすること、神がこの財をもたらしてくださった理由を真剣に尋ねていくこと、そして自分だけでなく他の人のためにその財を用いていくこと。そこに財の存在意義が明らかになっていく。

[さすらう]
 目的地を決めずに気ままな旅をしているだけなら、あれこれ言う必要もない。でも、道を見失っているのなら放ってはおけない。行楽地の迷子は大半、自分が迷子になっているとも知らずに遊んでいるのだ。だから声をかけてくれる助け手が必要だ。道を指し示して、元の場所に戻れるようにしてくれる導き手が必要だ。疲れ果てて自分では歩けなくなっているなら、背負ってくれる人に来てもらう必要がある。さすらう者に希望が開かれていくためには。昔イスラエルの民は荒野を40年さすらった。彼ら自身の過ちゆえであるが、彼らにはなお導き助け、連れて行ってくれる神がおられた。それが幸いであった。

[騒ぐ]
 詩篇2:1,39:6.のように、聖書が騒々しさを問題視する箇所がある。修行の妨げ、とか静寂こそ価値、ということではない。騒ぐのにエネルギーを費やしていると他のことがおろそかになりやすく、注意力が減退して良くない事柄への警戒心が薄れ、気分の高揚からつい神を侮ったりすることもあるからだ。それに、真剣に神の助けと導きを祈り願うときには、忍耐強く待つことも必要であり、まだかまだかと騒ぎ立てるのはエリヤの時のバアルの預言者たちのようでもある。生真面目に直立不動、が要求されているわけではない。だから騒ぎたいときは遊園地とかで発散し、出口をくぐったら我に返るのが良さそうだ。


=し=

[強いる]
 人々が信仰とか宗教にためらうのは、神々のために便宜を図るように強いられ、服従を強いられて、自由が奪い取られるのではと不安に思うからだ。世にそういうものが横行しているのは事実だ。ただ、聖書の教えは異なる。もちろん、神を信じ、神に従うことは必要だ。でも、その人自身が考えて、選び取り、決断するのが本質であって、力ずくで強いてみても仕方がない。好き勝手にどうぞ、と放り出しているのではない。その教えが最善で不可欠であるからこそ、神は切に語り、祝福のために犠牲も払う。それでもなお無理強いではなく、人が自ら振り向くことを神は待ち続けておられる。忍耐強い方なのである。

[資源]
 価値あるものを生み出すことのできる源を指す言葉だ。産業だけでなく、この人生のための資源も重要だ。人との関わりも資源の一つだ。問題ばかりが多い混乱した世の中だけれど、これが良い回転を始めたら、それこそ御心が地の上になるように、の実現である。他の人との関わりも、助け、助けられ、励まされていく関係も、豊かに世界を動かしていくための大事な力となりえる。聖書はそれを神の「賜物」と呼ぶ。人々は金鉱を求め、温泉を求めて歩き回っているけれども、私たちのすぐそばに用意されている資源を見出したいものだ。

[信頼]
 信じるという言葉を「信頼」に置き換えてみると、聖書の語ることが分かりやすくなる。神を信ぜよとは、神の約束と御心と御業を、それが全能であることを信頼し、神が最善をなしてくださることを信頼することだ。神の全てを理解、把握することは難しいだろう。でも、期待し、信頼できるだけの価値がこの方にあるかどうかはわかる。頼ったのに、裏切られたとか、失望させられたとか、そんなことはない方なのだということは見出すことができる。人は多くの課題と限界を抱えている。偉大な神を必死に追い求めるだけでは、いずれ疲れ倒れてしまう。寄り頼むことのできる方がおられることを見出してこそ、人は信仰を生き進むことができる。


=す=

[涼やか]
 信仰のあり方を考えていると、情熱の熱さを語ることのほうが多いとは思うけれど、いつも激しく燃え続けているだけだと疲れてしまうし、その熱に圧倒されて細やかなことが見えなくなってしまうこともあるから、実は要注意でもある。黙示録には、川の流れの両岸に木々が生い茂って人々を癒やしている新天新地の光景も書かれている。激しく格闘するべき時もあるけれど、目指すところ、慕い求めていくものは、神の前に涼やかに歩み進むものであろうと、そう思うのだ。

[酸っぱい]
 梅干しの話ではない。良い葡萄を作ろうとして一生懸命に世話をしてきたのに、できたのは酸っぱい葡萄であったという聖書の話に出てくる、その酸っぱいである。神はイスラエルという民をご自分のものと呼び、守り支え、育んでこられたのだが、この民の状態は悪く、時が経つほどにどんどん悪化するものだったということが記されている。それは神にとって心の痛みであり、落胆であり、イスラエルだけの話ではなくて人類全体のことであり、私たち自身の姿でもあり。良いものを与えられたら良いものを生み出していくものに、そういうごく当たり前のものでありたいと願う。

[ずるい]
 悪いありさまを語る言葉だけれど、聖書にはずるい管理人の姿を見習え、と語られているところがある。ずるさにはエネルギーが必要だ。暴力は一瞬かもしれないが、ずるく立ち回るためには精一杯の努力と思索、微妙なところでの正確な見極めが欠かせない。そういう必死の取り組みを、彼らはごく一時的なはかない利益を獲得するためにしているのだとしたら、永遠のもの、真の幸いを願い求めようとする者たちが、なぜ、何もしないで、適当にごまかしているのかと、神は問いかけてくるのである。天才詐欺師のような奮闘を目指す必要はないけれど、回りのものをちゃんと見て、自分の手が何をしているのかをよく掌握して、しっかり取り込んでいこうとする心は、大切なものと関わる者の当然のあり方ではないか。


=せ=
 
[性格]
 人の言動は性格によっても左右される。人との関わりが温和なのは性格的に物事を深刻に受け止めない傾向ゆえかもしれず、気が短くて物事に瞬時に反応するから過激な反応になる場合もある。これは両面性で、おおらかすぎて人の苦悩に気づかずじまいの人もあるし、相手に共感するからこそ一緒に大笑いし、泣き、その人のために激怒するということもある。であれば、自分の性格が良い効果をもたらすことを積極的に喜び、感謝をすべきであるし、あるいは、性格のゆえに至らない場合があることを自覚して人一倍自制し、警戒することを欠かさない。性格そのものは善悪ではない。それをどう生きるか、である。

[世間]
 そんなものに流されるな、と言われたりするように、あまり良いイメージは伴わない。実態が曖昧だから積極的に働き掛けても暖簾に腕押しの感もあり、一方、気分を盛り上げれば瞬時に濁流へと変化させることもできる。厄介な代物だ。しかも、人々に強い影響力があるのは事実だから、無視すれば済むという話でもない。有意義な打開策がある。世間全体として考えるので漠然とするけれど、それはつまりは人と人との間のこと、そういう関係がたくさん積み重なって世間がある。としたら、その一つ一つを整えていけば世間全体を左右する礎になり得るはずだ。まずは目の前にいるその人。世間との関わりはそこから始まる。

[責める]
 間違ったことをしている人を糾弾し、相応の罰を負わせるための行為と一般には考えられている。だから、自分も悪いのに他の人を責めたりすると、お前のほうが間違っていると逆に責め立てられるし、同情の余地があるような場合に厳しく語ると冷たすぎると非難される。でも、聖書に記されている神の姿を見ていると、断罪するためではなく救済するためにこそ罪を語り、責めていることに気づかせられる。罰するだけならば苦労して責め立てなくても一刀両断でも済む。その人に罪を自覚させ、悔い改めへと誘い、救い出したいからこそ責めるのだ。だから自分も悪くても責めるし、自分の心が傷つくことになっても責める。


 =そ=
 
[俗]
 君は俗物だね、と言われて、俗で結構、こっちの方が楽しいぞと反抗精神をかき立てる人はあっても、尊ばれていると喜ぶ人はないだろう。その区別は上下関係を示し、対立関係を示しているのが一般的だ。でもキリスト教の理念にはこの分離はない。この世はもともと神が造られたものだし、御子キリストは人間の一人となってこの世に住まわれたのだ。それも神殿の聖域ではなく俗なる庶民のもとに。神は蔑視的な感覚は持っておられないのだ。この世を俗だと言い捨てるとき、ここではどうせだめなのだ、来世で頑張ればいいやという諦めが伴うことになりかねない。それはまるで、部屋の片付けを放棄して、限界に達したら引っ越して新しい部屋に住めば良い、と言っているようなものだ。

[備える]
 大切な取り組みである。何も準備せずにいると、事が起こったときには慌てふためき、混乱に陥って自ら崩れ落ちてしまうだろう。試験や戦いの準備不足は重大な事態を招くだろうし、いやいや、食事時に茶碗や皿の準備をしていないとせっかくの料理が鍋の中で冷えていくことになる。ただ、私たちの人生における備えというのは、何か特別な事柄に取り組むことではないはずだ。むしろそれは日常、日頃からの生き様の問題。付け焼き刃ではどうにもならないのであって、神の御心を生きるごく普段の暮らしというものは、何事にも対応できる良き力を持つはずだ。試験だって日頃の積み重ね、のはずなのだ。

[損]
 自分の持っている何かがなくなることを、一般には損と言う。だが、キリスト教的には、自分のものがなくなること自体はさほど問題とは考えない。むしろ、いつまでもそこにあり続ける状態のほうが深刻だ。それは流れがせき止められてやがて水が腐ってくるようなものだからだ。手元からなくなったとしても、それが良い形で生かされて誰かの幸いにつながるなら何よりである。それに神は新たなものをもって満たしてくださるだろう。深刻なのは、神ご自身との関わりが断たれること、曖昧化すること、それこそ重大な損である。


 =た=
 
[託す]
 誰かに大事なことを託すというのは、その相手の能力や資質、そして志を信頼することと同義語のはずだ。となると、どうにも首を傾げざるをえないことがある。神のなさっていることだ。神は人にこの世を任せるとおっしゃった。神の御心を行うようにと求め、互いを助けることや慰めること、あるいは福音を伝えることも託された。時に、いやしばしば人はしくじるのだが、それでも、お前たちには任せておけないといってその役割を取り上げることはなさっていない。そこには、成功失敗に限らず人の業の責任を背負うとの決意表明が伴っている。十字架の身代わりもその一つだ。それが、神のなさる、託す、である。

[立ち直る]
 一度つまずくと、先々はなかなか厳しいものになるのが世の常だ。自力で立ち上がるのは至難の業で、誰かの手助けがどうしても必要になる。助言、激励、そして力を貸してくれること。もう一つ、欠かせないものがあると思う。それは今の自分を受け入れてくれる人の存在。しくじった自分を、成功している時と同じように迎え入れてくれる相手。あるいはまた、ちゃんと赦して、迎え入れてくれる人。我が身のしくじりと愚かさは、誰よりも本人が分かっている。だからこそ失望落胆し、もうだめだと考えもする。そんな自分に赦しを約束し、変わらぬ愛情と慈しみを差し出してくれる相手がいれば、人は立ち直ることができる。

[黙る]
 口にチャック、という表現がいつからあるのか分からないが、そう言われているのにすぐにまた話し始めてあきれられる、のもよくある話だ。語りたいというのは、人の基本的な欲求であって、それを遮られるのは非常につらいことだ。ただ、そんな者たちでも口を閉ざし、沈黙することがあると聖書には記されている。神の御業を見、知り、その偉大さに敬服する時である。人の様々な思いを遥かに越えて、神が事をなされる時、とりわけ、素晴らしい祝福を推し進めてくださる時、さっきまで騒ぎ、私の思いを聞けと叫んでいた者たちもまた、主の御心にのみ自らの心を傾けていく。そういう静寂は意義深い。


=ち=

[地上]
 古今東西を問わず、人類はしばしば神の領域を天と呼び、人のうごめく場所を地上と呼ぶようだ。そこには神への崇拝が込められるのと共に、自分たちが混乱と退廃の中に生きていることを自嘲する思いも含まれているのだろう。だが、聖書が語る地上は、卑しきもの、というだけではない。これはもともと神が造られたもの、最良と呼んでおられたもの、そして神の御子が到来したところ、そこで暮らし、日々を歩まれた場所。そこは、神が愛を注ぎ、祝福を注がれている場所。決して唾棄されるものではない。地上に住むものであるはずの人自身が、その意義を見失い、否定的になり、ますます瓦解させているのではないか。

[地方]
 都会と地方の最大の違いは人の数にあり、建物の多さや経済力、自然環境の違いはその結果に過ぎない。とすれば、地方が抱える様々な課題も、人が神に導かれて取り組むならば解決は不可能ではないはずだ。もっとも、地方の有する幸いは、豊かな自然を初めとして人の手が及んでいないことに由来するものも多く、手を出しすぎるのは厄介の始まり。そのバランスは難しい。ともかく、どこに住むのであるにしても、「自分のことだけでなく他の人のことを顧みる」思いを宿して暮らすことが、状況の健全化にとっては、何よりもふさわしい道筋と言えるはずだ。

[挑発]
 相手の嫌がるところをつついて不機嫌にさせ、理性的な対応を見失ったところで攻撃をしかけること、である。人間同士では巧妙な作戦として用いられることもある。けれど、どうやら人は神に対して挑発行為を行っているようである。神に対して喧嘩をふっかけている、とも言える。何しろ、自らの利益を追求した結果として神に背いているというよりも、自らの傷や損失をすら顧みずに悪へと走るのだから、何とも恐いもの知らず、いや、愚かすぎる行為ではないか。でも神は、そんな挑発に乗ることはなく、人を顧みて、助け導いてくださろうとする。愛するものだからこそ、である。


=つ=

[杖]
 怪我や年齢で足腰が弱っている人にとっては大事な支えであるが、羊飼いにとっては群れを導くための用具であり、襲いかかる獅子や熊から羊を守り支えるための武器である。杖を手にしている羊飼いの姿には圧倒的な力が象徴されているが、羊たちにとってそれは恐怖の源ではなく平安と祝福の確実な保証を語るものだ。この姿は神ご自身に重なっていく。時に全能の神の存在は人々から煙たがられて、距離を置こうとする人もがあるが、遠くから微笑んでいるだけの神ではどうにもならない。杖を握って私たちを守り導いてくださってこそ、神の祝福は実現する。

[仕える]
 世の中は、相手を支配する力こそが主導権を握る鍵で、一人前の印だと思っている。それだから、人に仕える者より人から仕えられる者になろうとする。でも神は、仕える者であれと語られる。それは謙遜であれとか、自己犠牲的であれというのではなく、相手に仕えることによってこそ、良きものを生み出し、世界を変革することができるからだ。神ご自身が、そのようにして世の罪と対決されたことを私たちは知っている。もしもこの世界が、仕えることによってこそ事態の打開を図り得るのだと認めたら、大きく変化していくだろう。今の状況は、他者を支配する力を求めるばかりなのだが。

[土]
 人体の成分は土壌とよく似ているのだそうだ。成分だけでなく、存在の意義、行動のパターンもまた、両者は共通性がある。もともと人は土地のちりから取られて形作られたのだから、当たり前でもあるが。自分は土なのだ、という言い方をするとき、その程度の小さなものに過ぎないという謙虚な思いが込められるだろう。偉そうにして、真の自分を見失っているのは悲しいことだ。でも、もう一方では、人は土、つまり大地であり、神がそこにすべてのものを植えて行かれた、基盤となるべきもの、様々なものを受け止めて、養い育てるべき使命を帯びたもの、というふうにも言える。人は土、それは小さなものだけれど、投げ捨てられる無意味なものではなく、御手によって生かされていく大事なものでもあるのだ。


=て=

[手]
 身体の中でも最も自在に操れる器官の一つ。それだけに、これをどのように使うのかは大きな影響をもたらすことになる。人はこの手を用いて豊かな価値あるものを生み出す。何かを破壊するときにもこの手が使われる。誰かを苦しめるときにも手が働き、そして、人を慰め、抱きかかえ、愛おしむためにも手は動く。そして、誰かが落ちていくときに、この手を伸ばして捕まえれば、助け出すこともできるのだ。自分の手を見て、そのしていることを見ていくなら、きっと、自らの心の内を知ることができるだろう。

[敵]
 理屈はどうあれ、回りがどのように見ていたとしても、その相手を敵だと感じているということは、きっとその対象は自分に害を及ぼす存在なのだ。とすれば、見ないふり、知らないふりなどはできない、放っておくわけにはいかないと考えるのは至極道理である。つらい目に合わせられるのをじっと我慢するというのは、尋常の感覚ではむずかしい。それで先に攻撃して不安要素を取り除いてしまえ、と言われるのだが、別の方法もあると神は語り、敵を愛し、善をもって悪に打ち勝てと告げる。敵という存在を消滅させるという意味では似ているのだが、正反対の道筋もある。そのことを、この言葉が誰かに当てはまると思う時に気づくならば、この世界は大きく変わっていくのだが。

[転々]
 いわゆる転勤族と呼ばれる種族が世に現れてきたのはそんなに古い話ではないだろうが、今では、生まれたときからずっと同じ場所で暮らす人はごく限られている。仕事、家族構成、その他、暮らしの状況が変わる時に、住まいを変える人は多い。いや、住んでいる場所は変わらなくても、人はこの生涯を歩むうちに様々な環境、状況を経ていくわけで、だから転々はすべての人の有り様だ。もともと聖書は、私たちに歩みはまだ旅の途中にすぎないのだと語る。安住の地に腰を落ち着けて和むのはまだ先のこと、時に冒険があり、戸惑いもあり、感動や歓喜もあり。転々とする私たちだからこそ、その一切を共に歩んでくださる神がおられることは大切な頼みの綱である。


=と=

 
[飛ぶ]
古来、人は空を飛ぶことを夢見てきた。大地の束縛から解放されて、自由に羽ばたきたいのだと、翼を持つものに憧れを覚えてきた。あいにく神は、この願望には答えてくださっていない。大地を蹴って飛び出すほうは、人の編み出す技術でかなえられるとお考えだからか、奇跡の力を使わせてくださったことはないはずだ。でも、束縛からの解放にはちゃんと答えてくださっている。そう、罪からの解放、絶望からの解放。のし掛かる重さは取り除かれて、神の備えてくださる祝福を目指して一直線に飛んでいくことができる。鷲のように翼を駆って上ることができる。

[止める]
 自由を嫌う人はいないはずなのだが、心の奥底では誰かが止めてくれるのを願っているのもまた、人の真実だ。好きなようにすればいい、と告げられる場面は、歓声よりも絶望を思わせられる。自分は絶対的に確実だと言い切れる人などいないから、過ちがあるなら止めてほしいという願いを抱き続けるのだ。もし、そういう感覚を失っているとしたら、それこそ悲劇であり、回復の可能性を自ら放棄している、底なしの穴にすでに転落している姿でしかない。主よ、どうかこの私を放さないでください、止めてください、と祈る心は、人が真に歩み進むために欠かせない。

[とんでもない]
 驚きの言葉、予想もしなかったことに直面した時に出てくる言葉だが、中身は結構様々だ。大きな役割・責任を求められて、私なんてとんでもないと尻込みする場合。予測もできないような悲惨な出来事に、うめくようにしてつぶやく場合。厳しく批判されて、必死に抗弁する場合にも出てくる。それから、全く期待していなかった、自分にはとうてい似つかわしくないと思う幸いが差し出された時に、呆然として、あんぐりと口を開けて、「とんでもない」と言う。恐れ多いとか、もったいないとか、そんな思いでもあるけれど、忘れずにいたいのは、その幸いを差し出している相手にとっては、本気のもの、決して気の迷いでも、間違いでもなくて、あなたにぜひと願ってのもの。神の救いはそういうものだ。