今週のコラム


 このページは、毎週の週報に載せているコラムを転載したものです。そのため、内容が教会内の事柄に即して語られている場合もありますので、ご了解ください。
 一週間ごとに更新します。


【夏至】

 子どもの頃に読んだ物語では、夏至のお祭りが出てきた記憶がある。いつまでも続く昼間が、ようやく終わりを迎えた頃に、家族や友人が食べて、笑って、遊んで、そんな光景があった。日本では、夏至を意識することは少ない。梅雨の湿気の方が気になるのか、それとも夏の盛りにはまだ間があるためか。調べてみると、夏至の祭りは北欧でなされることが多いようで、日の長短を強く意識させられる地域に住む人々のほうが、こういう日の意義を思うのだろうか。
 それにしても、こういう祭りというもの、その場面は夜だった。一年で最も昼間が長い日なのに、その日中を満喫するよりも、太陽が姿を隠してから、それから人は、今日は長い一日だったと語り出す。昼の間は忙しく動き回って余裕がなく、やっと落ち着いて思いを巡らしているのならわかるが、おそらく、輝く太陽の下では今日が夏至だなどとは意識することがないのだろう。そう言えば、半年後もまた、短い昼間を惜しみつつ大切に過ごすことよりも、暗黒に支配され、寒さに震えるようになってから、長い夜にうめき声を上げつつ、今日は冬至だったと言ったりする。
 人は誰でも幸いであることを願うのだし、祝福が一杯あるようにと祈り求めているのだが、その目はいつも痛みや悲しみのほうばかりに向けられているようだ。今まさに手にできる豊かな輝きを満喫するよりも、それが陰ってしまってからあれこれ取り沙汰するのは、客観的に見れば何とも奇妙なもの、でも、それが人の習性になっている。
 季節の移り変わりくらいなら、それでもまあ構わない。いずれはまた巡り戻ってくるのだ。輝いていた太陽を話の種にして、来年もまたと笑いさざめくのでも良い。でも、大事な人たちとの時間や、日々を生きることの意義、そして神との関わりというようなものは、今のそれは今だけのもの。焦って追いかけることはないけれど、過ぎてからの想い出だけでなく、その時々に向き合える祝福を、もっと楽しみ、味わえたらとも思う。残像だけでなくて、本物をこそ。ちなみに今年の夏至は6月21日、私も後になって気づいた。

(2017.6.25)

      過去のコラム