今週のコラム


 このページは、毎週の週報に載せているコラムを転載したものです。そのため、内容が教会内の事柄に即して語られている場合もありますので、ご了解ください。
 一週間ごとに更新します。


【拍手】

 金メダルを望まない人はいないだろう。オリンピックに出る人なら、銀でいい、銅でいい、とは考えまい。誰よりも速く、誰よりも遠く、難しい技をやり遂げることを目指しているに違いない。だが、金を目指すということと、銀や銅のメダルを獲得することがとてつもなくすごいことであることとは、別の話だ。その意味では、一位、二位と呼ばずに、金・銀・銅と呼んでいるのは好印象だ。それは世界で最もすごいことを成し遂げた三人の内の一人だという、高らかなる賞賛の印になっている。金に至らず残念ということと、世界最高峰の偉業を成し遂げたことへの満足とは、完全に同居する。
 日常生活の中でも、である。誰かと比べて、どっちが上かと順位をつけられることは多い。いや、自分自身がそうしているのかもしれない。向上心を持てるのは幸いなことで、奮闘できるのもありがたいことだ。悪いところがあるなら、むろん、その改善を望む。風邪を引いたら、早く良くなりたい、元気になって友だちと駆けっこをしたい、そういう願いを抱くのは、人の本性から出てくる思いに違いない。でも、そういう上を向いた感情と、今ここにあることの意義と価値をちゃんと見て、感じて、認めて、そうやって歩んでいこうとすることとは、常に並立しているべきことだ。
 時に、周囲は金メダルでないと残念と言う。扱いが大きく違ったりもする。もし、世界で一番であることだけが重要なら、自分一人だけしかやらないことに取り組めば話は簡単だ。間違いなく一番になれる。それとも、邪魔者は排除するか。そう、一番だけがすべてと考え始めると、他を力で排除しようとする動きになりかねない。権力闘争の類は、まさにその最悪の事例だ。
 競技者たちのコメントを聞いていると、本人は十分にそのあたりを承知し、だからこそもっと先にと励み、そしてまた今いるところの価値を受け止めているようだ。あれこれと騒ぐのは回りの社会のほうかもしれない。人に向ける言葉と視線は、いずれ自分に戻ってくる。我が身を追い詰めないためにも、人々が手にしている幸いを共に喜び、称えたいもの。人にいのちを与え、生きるものとされた神の御心は、そっちにあると思うからこそ。

(2018.2.18)

      過去のコラム