今週のコラム


 このページは、毎週の週報に載せているコラムを転載したものです。そのため、内容が教会内の事柄に即して語られている場合もありますので、ご了解ください。
 一週間ごとに更新します。


【理知】

 昭和20年8月15日は、関東から西の地域は晴れていたらしい。気温も30度を超えていたとか。東北・北海道は曇りから雨だったそうだが。
 それにしても、なぜ、夏の季節だったのかと、つい考えてしまう。むろん、国際情勢とか、戦場の状況、広島・長崎のこととか、判断材料は色々あったのだろう。でも、暑い日差しのもとでは物事を冷静に考えるのにはちょっと不向きだとよく言われるのに、そんな季節に、戦いを終わりにする決断がなされたということは、何だか不思議な思いもする。いや、あの決定が暑さの中での気の迷いだなどと思っているわけではない。それ以外の可能性はなかったというのが客観的な事実で、むしろ遅すぎた。それでも人々は必死に考え、結果としてはどこまでも引きずってしまっていた。それが、冷静に物事を考えるには不向きとされる暑い季節に、最も適切な判断がなされたのは、まるで暑さが人の頑固さを和らげたかのようでもあると、その不思議さを思っているのだ。
 人はたいがい、自分たちは物事の真実を見極める力があると考えている。理性的であるのは大事なことで、冷静に判断するように心がけるのは必要なことだ。ただ、人間はどうも、自分では精一杯理性的に、また論理的に考えているつもりでいる時に、実に愚かな決断をすることがある。回りから見ると暴挙としか言えないようなことでも、本人にとっては冷静な論理的判断の結果である場合もある。一時の熱情で飛び込んでしまったけれど落ち着いたら後悔の山、などではない場合があるのだ。そのために世界は何度も痛い思いをしているにも関わらず、相変わらず人類は自分たちの理性と判断力に、強い自信を抱き続けている。
 キリスト教は啓示宗教と呼ばれている。つまり、人の知恵や判断を凌駕する神の呼びかけがあると認め、自分たちの理知がごく限られたものに過ぎないことを思い知って、だからこそ謙虚に神の声に耳を傾けていこうとする、それがこの信仰の姿勢だ。72年前の決断と暑さの関係はただの空想だが、人の理知が危ういことは覚えておきたい。

(2017.8.13)

      過去のコラム