今週のコラム


 このページは、毎週の週報に載せているコラムを転載したものです。そのため、内容が教会内の事柄に即して語られている場合もありますので、ご了解ください。
 一週間ごとに更新します。


【父の日に】

 神を「父なる神」と呼ぶ。そこには、人とは隔絶した単なる支配者とは異なって、家族と表現するのが似つかわしい密接な結びつきを与えられている方としての神への思いが込められていて、とても素晴らしい呼び方だ。ただ、なぜ「父」なのかという議論は、時折、話題となる。
 一つには、聖書が記された時代においては、親を代表する存在は父として理解するのが社会の通念で、そこを変更するための甚大な労力よりも、今、そこで伝えたいことのほうが優先されたという意味はあるだろう。同時に、世界各地に見られる女神信仰というものが、神への健全な信仰姿勢とは食い違ったものであるために、そういう混同を避ける必要があったという理由も含まれているはずだ。
 そういった懸念が十分に払拭された上でならば、「父」と限定せずに「親」という感覚で向き合ったとしても、間違いではないとは思う。人の「父」は父であるがゆえの様々な課題を抱えているのに対して、「天の父」はそれをはるかに超越しておられるし、「母」である親の意義をも十二分に満たしておられるのだから。ただし、呼びかける際には、人の親にも「お父さん」とは言うが、「お親さん」などと呼びかけるのは見たことがないので、実際的には「天の父よ」とする以外の選択肢は難しい(上記のように、「天の母よ」と呼びかけるのは問題があるから)。
 もっと積極的に、神が私たちに「父」と呼ばせてくださっていることの意義はと考えると、やはり力強い保護の感覚だ。優しく包み込む感覚では「母」に一歩も二歩も譲りそうだが、頑丈さを思い起こさせるのは、やはりこちらである。この世には混乱が多く、攻撃も多い。一緒に悩み苦しんでくださることもありがたいが、事態を打破する力強さに希望を抱く必要性を、人々はより深刻に感じている。神の全能の力は、人の罪深さを思うほどになおさら、切なる願いであるのだ。
 人間の父たちは弱くなったと言われる。頑固では困るし、柔和さは必須だけれど、嵐に立ち向かう頑強さは問われていると自覚すべきだろうか。

(2018.6.17)

【開始時間】

 若い頃、待ち合わせの時間には、余裕を持って早めに着くようにしていた。時間に厳しかったわけではない。文庫本1冊あれば、相手が1時間遅れてきても、ゆっくり読めたぞと十分に満足だった。徐々に、ぎりぎりに着くことが多くなって、そうか、あの頃は暇だったのだと気づかせられた。待ち合わせ用の文庫本を選ぶことは少なくなったが、そんなものだろうと思う。
 礼拝についても、年に一度くらいの、一参加者としての日曜日には、遅れないようにと駆け足のことも多々ある(馴染みのない教会だから所要時間がはっきりせず、と弁解もしておくが)。だからというわけではないけれど、ここでも、開始時間の何分前には着席して備えましょう、という類の話はあまりしない。それぞれ事情を抱えつつおいでになっているのだから、むしろ、焦りすぎて車と相撲を取ったりしないように。遅れたからと言って、神様が激怒して祝福は取り消し、などと心配する必要はない。
 ただ、礼拝を主催する側としては、開始時間はきちっとしておこうと思っている。理由は、それこそ皆さんが精一杯、おいでになるのだから、である。予定時刻よりも早く始めてしまうと、ぎりぎりかもしれないと必死に駆けてきて、どうにか間に合ったぞと安堵して玄関を入った人が、がっかりされるだろう。反対に、ゆっくりめに始めると、せっかく、間に合うようにと頑張ってきた人たちが、いつまでも始まらない、何だ、慌てる必要はなかったのかと気が抜けてしまう。それは、礼拝へと向かう心にとって良い影響ではないと思うのだ。
 物事はおおらかなほうがいい。電車の時刻も含め、何事につけ定刻を気にしすぎるのは日本くらい、とも言う。後からきた人々の顔を見て、やあ、来られたね、よかった、と微笑み合うくらいで良い。そういうゆとりを大事にしておきたい。そして、だからこそ開催する側としては、駆け足でやってくる人々の思いを、しっかりと大切に受け止める者として、自らを律しておきたい。そう言えば神も、ご自分は厳格に事を推し進めておられ、人々の足りなさについては深く包み込んでおられる。

(2018.6.10)

      過去のコラム