今週のコラム


 このページは、毎週の週報に載せているコラムを転載したものです。そのため、内容が教会内の事柄に即して語られている場合もありますので、ご了解ください。
 一週間ごとに更新します。


【日を重ねて】

 クリスマスは25日だけのものではない。アドベントという期間を設定したのは後のことで、人間たちが考え出したものではあるが、こうやって日を重ねながらクリスマスを思うという時期は、大いに意味がある。アドベントカレンダーというのがあって、12月に入った時から、一日ずつ、絵の中にセットされている小窓を開けていくものがある。そこに現れるのはちょっとしたクリスマスらしい小物の絵だけであるが、もし、その一つ一つにクリスマスの意味を思い出させてくれるようなものが盛り込まれていたら、気分だけでなく、心の目も開かれて、神様の祝福の深さを味わい直すことができそうだ。それなら作ってみれば良いのにと自分でも思うのだが、毎年、アドベントに入ってからそのことを思い出して、その頃には何かと忙しくなって、とうてい手が回らないのが常のこと。カレンダーではなくても、アドベントに合わせて読めるようなものをいつかはきっと、と願ってはいるのだが。(すでに良書が出版もされているので、気になった方はご活用を。)
 こういう姿勢は、もともと神ご自身の心に寄り添うものである。神はクリスマスを、その日のことだけとして指し示されたわけではない。それははるかな昔から預言で語られ、具体的にも人々の動き、国の動きを用いながら準備を進めて来られて、それであの日に至っている。それに、救い主がお生まれになって、それで終わりではなくて、そこは始まりに過ぎなくて、さらに神の御業が前へ前へと動いていって、人としてこの世を生きられた神の御子の存在、十字架と復活の御業、そして弟子たちを初めとする多くの人々の歩みの全体が、クリスマスという神の祝福に含まれている業の一つ一つになっている。その点では、約2000年後に生きている私たちの歩みもまた、クリスマスに込められた神の心、その祝福に含まれていると言える。
 今日はまだアドベントの第二週目、クリスマス当日まで15日もあるので、ぜひ、神の御業の遠大さ、雄大さに思いを傾けて、尋ね求めてみていただければ。クリスマスに込められている神の心は、私たちの身近な日頃の暮らしの中にも、深く現れているのだから。

(2017.12.10)

      過去のコラム