過去のコラム

【若い世代の】

 14日からシオン錦秋湖を会場に、同盟主催の「みらい大会」が開催される。ひらがなで「みらい」だが、むろん、未来を意識したもので、若い世代に問いかけ、呼びかける意図が込められている。背景に、少子高齢化の状況があるのは、改めて言うまでもないだろう。
 ただ、ふと思うのだが、社会の中でこの課題が語られる場合、それは上の世代が危機感を抱き、次を担ってくれる人がいないと大変だと慌てている、ということで、いずれ自分たちも動けなくなる時、代わりに担ってくれる人をという欲求が要因だろう。後継者不足という言い方自体が、この感覚を色濃く表している。
 でも、若い世代自身は、少子化とか人口減を、どれだけ深刻な課題として危機的に考えているのか、それは疑問符がつくように思うのだ。思い返してみると、私たちが若い世代と呼ばれていた頃、上の世代のしてきたことを引き継ぐという使命感は、おそらく大半の者が持ち合わせていなかった。自分たち自身の意欲、あるいは問題意識から必要と考えるものに取り組んでいこうとする思いが基軸であって、それこそ後継などという言葉は避けて通りたい部類のものとして見られていたはずだ。それが若い世代にとっては活気の原動力にもなったのであるし、物事が展開していく土壌が築かれ、結果的には必要な事柄をきちんと受け継いでいくことにもつながってきた。
 だとすれば、むろんのこと様々に後継、次世代の活躍は必要だが、それは次をよろしく、という求めではなくて、強調すべきは、彼ら自身が何を思い、何を志し、どこに熱意を覚えて取り組んでいこうとするのか、そこの部分を刺激して、励まして、問いかけていくことなのだろう。
 それと共に、人が何かの思いを抱いて取り組んでいこうとするには、上の世代の願いよりも、同じ世代の中での啓発と期待、背中を押してくれる仲間たちの存在が重要だとも思う。皆が同じ道を歩むわけではないから、お前が行け、俺は支える、そんな図式が形成されることもまた、良き「みらい」のための土台になる。来週の機会を、若い世代のことを祈りたいものだ。

(2017.8.6)

【白と黒】

 夏の装いと言えば白を基調とすることが多い。激しく照りつけてくる日光を敢然と跳ね返していく輝きは、熱風の中でも拠り所をもたらしてくれる。我が家には白い花を咲かせるサルスベリがあるが、夏に限って言えば、他の色合いよりもやはり白だと、毎年、楽しみな姿だ。
 でも、夏こそというようにして、黒を軸とした装いを好む人もある。炎天下にあえて漆黒を持ってくるのは勇気が必要だし、熱を吸収するという覚悟も必要だけれど、あたり一帯が華やかさに燃え上がっている中では、不思議と落ち着いた空気をもたらしてくれるのも確かなところだ。
 と書きながらも、装いは各自の趣味趣向、どちらでも良いことで、燃え立つようなオレンジでも、突き抜ける青空の色合いでも、回りが批評がましく言う必要はない、とは思っている。ただ、心のあり方、そして社会の意識としては、この二種類、それぞれに意義があることを覚えておいた方がよいと、そう思わせられている。
 峻烈なる白は、混乱する世の中にあって、真実は何か、清らかなものは何かを、ごまかすことなく語り続けてくれる貴重な存在だ。これが曖昧化し、善し悪しの見極めが流されてしまうとしたら、それは世界全体の崩壊につながる。もし、白を灰色にしようとする動きがあるとしたら、必死で抵抗していかねばなるまい。一方で、あらゆるものを受け止めていこうとする黒の存在は、この世が存在するためにはどうしても欠かせない。もし分別と対処だけがすべてになったら、どんな人でも立ち得る者はいなくなり、一切は否定されて終わり、になってしまう。両立はしないが、両方の意義である。
 神の御心を見極めていくことが欠かせない。人の思いに従えば白はいずれくすむだけだ。黒も、何も言わずに受け止めるというだけではなく、相手の課題をちゃんと見据えながら、それでもなお受け止めるという必要があり、単なる底なし沼では意味がない。鋭い切っ先と、同時に受容の奥の深さと、 これはまさにキリストご自身が示しておられた姿勢で、幸いのために欠かせないことなのだ。

(2017.7.30)

【神の言葉】

 神学校の旧約学の先生が、こんなことを言っていた。「聖書、とりわけ旧約は、文字に書き記された時代で考えても、古いところでは3500年も前のもの。実際の出来事となったら、それよりもはるか前のことが含まれているのだから、今の私たちにとってわかりにくいところがあっても当然だ。むしろ、全部解明できる、と考えることのほうが思い上がりではないか」と。
 もちろん、神が伝えようとしておられることは確かにわかる。書かれている言葉がどれほど古くても、それで伝えたいことが曖昧になるようなものを、神が人類に与えるはずがない。この古の書を通じて、人は今もこれから先も、神の御心を確かに受け取ることができる。
 ただ、神はご自分の言葉を人々に届ける際に、人の口を用い、人の手を用い、その人々の言葉を用いられた。もし聖書が、だれでも理解できる世界共通の神秘的言語で語られたら、翻訳の必要もなかっただろうが、神はそんなものを用意はしなかった。そして、翻訳が必要で、あるいは時代が経つとすぐにはわからない場合も出てくる、語られたその時に目の前にいた人々の言葉を用いられた。神的超越性より、人の領域に降りて来ること、それは神のなさり方に常に見られる特徴でもある。
 それで、聖書には時に、はっきりと解明できない部分もある。だとしたら、何でも分かるようなつもりにならないで、自分たちの限界を認めつつ、それでもなお、しっかり伝えられている神の呼びかけに、きちんと応えていくのがふさわしい。今、礼拝では創世記を読んでいるが、それぞれの出来事を解明するのは簡単なことではない。ネフィリムの正体など、確実なことは誰も分かり得てはいない。洪水の詳細もしかり、である。だとしたら、人の言葉と理解力の限界を認めつつ、その中でなお神が確かに語り、確かになさったのは何か、そして人はどうだったのかを、きちんと受け止めていくことを薦めたい。今回、礼拝で創世記を読んでいる時も、そのような姿勢で臨んでいるつもりだ。その上で詳細部分に興味のある方は、どうぞ、お尋ねいただければ、あれこれと談義を交わすこともできるだろうが。

(2017.7.23)

【格好良く】

 近頃は、隣同士の市でも夏休みの始まりが違っていたりするようだ。街に子どもたちが出ていても、お休みなのか、さぼっているのか判別がつかず、地域の夏イベントを開催するにも扱いにくいだろうに、と思うのだが、そういう連帯性よりも個別の事情を優先という風潮なのかもしれない。
 全体主義なんて大っ嫌いで、画一的なのも好まず、大学の頃にははやりがすでに終わっていた長髪にしていたし、多種多様、雑多を望む。でも、自分の都合ばかりが重視された結果としてのバラバラ状態は、あまり心地よいものではない。多様というのは、自分とは違うものを尊重する心持ちの表れであるし、力で相手を縛り付けたりしないという和らぎの決意であるはずで、ただの混沌とは違う。さもなければ、ひたすら自分のことしか考えないようになり、ぶつかれば相手を押しのけ、人の困惑や被害など気にもとめず、となり、その先にあるのは誰にとっても暮らしにくい、強引さばかりが支配する社会でしかあるまい。
 他の人とは違う独自性を目指すなら、多くの人が我先にと走る社会の中で、自分は人とは違ってゆっくり行こうとするとか、あるいは、人のことなど顧みる余裕はないというのが世の風潮ならば、自分は手助けの必要な人のためにいくらかでも時間を費やしつつ歩こうとするとか、そんな異質性、特異性をもって歩んでいたら、その方がずっと格好いい。もともと、神の真実を知るようになって、神の心を大事に受け止めて生きようとすれば、この世とは調子が合わなくなると、キリストご自身も語られていた。人とは違った生き方をするのを楽しむつもりなら、そんなふうにして小気味よく過ごしたら、変わった奴、であることもまた好ましい姿になることだろうに。
 そうやって快い違いを歩んでいれば、だからこそ、時にはあえて他の人に合わせてみたり、やりにくさを受け入れて一緒に取り組んでみたり、ということも出てくる。都合重視でバラバラになる流れからは決して出てこない姿だろうが。隣人を愛せ、を根幹の教えとする、神の御心の世界というものの価値を、バラバラの夏休みから思っている。

(2017.7.16)

【頻度】

 持ち物を管理する秘訣は、一定期間使わなかったものを処分することだ、と何かで聞いたことがある。衣服とか文房具とか電化製品とか、なるほどと思う一方で、この定義が当てはまらないものがあることを、一杯に詰まっている本棚を眺めながら痛感させられている。モノとしての本に執着するつもりはないので、引退したら譲り渡して構わないし、今現在でも図書館などで参照できるならそれでもいいのだが、あいにくそうはいかず、手放せば消え失せるだけだと承知しているので、滅多に開かない本、買ってから一度しか開いていない本でも、それなら不要、とは言えないことを痛感する。結果として、相当に自制しているつもりでも溜まり続ける本の置き場所に困惑させられ続けるのだが。
 本と同類にしてしまうわけにはいかないが、人との関わりもまた、頻度の問題では片付けられない。滅多に関わる機会のない相手だとしても、それなら自分の人生に必要のない相手、と断ってしまうわけにはいかない。いや、必要かどうか以前に、この地球上で、不思議なことに出会わせていただいて、なにがしかの関わりを与えられて、だとしたら、このつながりは、普段としてはつきあうことはなかったとしても、何年も会うチャンスがなかったとしても、それでも、神から与えられた一つの結びつきであることを思う時に、それを頻度が希薄になったからといって消してしまうわけにはいかないと思わせられる。
 だとすれば、何かの弾みで関わりが疎遠になった相手があるとしても、引っ越しとか、お互いに忙しくなったとか、環境の変化から来る必然的な希薄さだとしても、それならまあ仕方がないと切り離したくはない。無理に関係を密にする必要があるかどうかは別の話である。その状態が互いの現実に沿っているのなら、力ずくで頻度を上げても仕方がない。でも、心のどこかに思い、相手の幸いを祈る者ではあり続けたいと、それが、神によって出会わせていただいたことの意義かと思う。思い起こすのがごくごくたまにだったとしても、である。

(2017.7.9)

【左右するもの】

 この春、遠藤周作原作の「沈黙」が映画になって公開されたので、再び、神の沈黙というテーマがあちこちで語られているようだ。様々に考えさせられる話題ではあるけれど、隠れキリシタンという存在にとっては、実はこの話題はあまり意味をなさないことに、目を向ける必要がある。後の時代の人々は、神が沈黙するなら信仰を捨てても仕方がないのでは、という議論をしたがるのだが、現にその場にいた彼らは、神が沈黙しているのかどうかなどは考えもせずに、その信仰を貫き通したというのが歴史の現実だからだ。宣教師たちも、殺されるとわかっていても次々と渡来しており、沈黙問題で逡巡した人たちはごく例外的だったのが実態だ。
 なぜ、彼らは信仰を生き続けようとしたのか。恐怖だろうか。信仰を捨てたら厳しい罰が下ると脅されて逃げられなかったのか。いや、これは成り立たない。神の行動も答えも見えない状態では、罰則の話などさほどの意味をなさない。それよりも目の前に迫る幕府の役人のほうがずっと大きな恐怖になっていたはずだ。それに人は、恐怖によって逃げ出すことはあるが、恐怖に追われて真に力強く生きることなどはできない。
 何よりの理由は、彼らが神の恵みと祝福を心から喜び、決して手放したくない幸いとして受け止めていたことにある。弾圧は確かに恐ろしい。でも、心の底から歓喜した幸いを、自ら投げ捨てることなどできうるものではない。真に大切に思う友を裏切るとか、心から崇拝している人を投げ捨てるとか、一般にも、それはたとえ脅迫されても、自らのいのちを問われても、できるものではない。反対に、どれほどお手軽で、または都合が良いものであったとしても、その本質自体にさほどの意義を見いだせずにいるとしたら、その思いは長続きせずに通り過ぎてしまうのだろうとも思う。こういう類のものは、精神力の有無で片付けられるものではない。
 だとすれば、あのキリシタンについて考えるのなら、迫害の厳しさよりも、神は何をしていたのかという話よりも、彼らが見出していた幸いは何だったのかということを探し求めるのが、最も意義あることだろう。

(2017.7.2)


※以前のコラムは以下のところからどうぞ。

  02年8月-12月分
  03年1月―6月分
  03年7月−12月分
  04年1月−6月分
  04年7月―12月分
  05年1月−6月分
  05年7月―12月分
  06年1月−6月分
  06年7月−12月分
  07年1月−6月分
  07年7月−12月分
  08年1月−6月分
  08年7月−12月分
  09年1月−6月分
  09年7月−12月分
  10年1月−6月分
  10年7月−12月分
  11年1月−6月分
  11年7月−12月分
  12年1月−6月分
  12年7月−12月分
  13年1月−6月分
  13年7月−12月分
  14年1月−6月分
  14年7月−12月分
  15年1月−6月分
  15年7月−12月分
  16年1月−6月分
  16年7月−12月分
  17年1月−6月分