過去のコラム

【オリンピック】

 いよいよ開幕。酷寒の開会式と言われていたけれど、まだしもの天気だったようで、関係者はホッと安堵、だろうか。政治アピールは厳禁と言われているけれど、その類のことも毎度のことだから、そっちに巻き込まれないで、疾風のごとく滑走する選手たちの活躍を楽しみたいものだ。
 そう言えば、冬のオリンピック競技は「滑走」することが基本のようだ。跳ぶ競技にしても、その前に急勾配を滑走してスピードを上げる。雪や氷と絶妙に接してこその滑走。それはむしろ浮遊感にも近い。そのおかげで日常では得られない勢いを手に入れて、選手たちはすっ飛んでいく。いやいや、素人がスキーやスノーボードに乗ったり、スケート靴を履いた時でさえ、全力で走っても追いつけない速さを手に入れることができる。それは、見ているだけでも爽快な気分に誘ってくれる、実に魅力的な光景だ。大地にくくりつけられている人間にとって、比較的身近に手にすることのできる解放感であるのかもしれない。
 地道さはもちろん貴重なことだ。糸の切れた凧のように吹き飛ばされてしまうのでは、いくら大地からは飛び立てても意味をなさない。でも、目の前の一歩を踏み締めていく日々だけでなく、もっと先へと滑走していくことのできる助けが与えられるとしたら、人の限界を越えていくことのできる力が備えられているとしたら。単に吹き飛ばされるのではなくて、人の持つ限界を越えていくことのできる祝福が注がれていくのなら。そうしたら、きっと爽快な滑走を手にすることができるだろうと思う。
 雪や氷なら、良い器具と練習によって、その幸いを手にすることができる。でも人生そのもの、あるいはこの世界にとっては、それはやはり神ご自身によってこそと思う。選手たちの滑走に喝采するその一方では複雑に絡み合っている人の世の限界を痛感し、平和の祭典を何度繰り返しても変わらないことを思う時に、事はやはり御手によってのものと痛感させられる。でも、人の普段を越えた滑走はありえるのだと、彼らの活躍によって勇気と希望を思い出させてもらいながら、神への期待を心に宿したいと思っている。

(2018.2.11)

【冷え込む】

 日本列島が冷蔵庫にすっぽり、と表現している人がいた。冬は寒いのが定番だけれど、昨今の冷え込みは尋常ではない。
 意図的にものを冷やすとしたら、理由は何だろうと考えてみた。すぐに思い浮かぶのは、食材の劣化を防ぐこと。おかげで食中毒の危険性が激減し、遠方の食材を味わうことができるようになった。悪さをする微生物の活動を抑え込むことは、人の世に大きく貢献している。心に巣くう悪い思いの活動も冷やして沈静化できたらとも思うが、あいにく、人を思いやる暖かさも同時に冷え込んでしまうので、なかなかうまくはいかない。この場合は、冷やすよりも愛して思いやる熱の作用によって悪い思いを撃退するほうが効果はありそうだ。食材に熱を加えて調理していくように。
 冷たくすることで味を形成しているのはアイスクリームなど。溶けたアイスは甘ったるくて食べられたものではないが、冷やして、味を凝縮することによって、人々を楽しませてくれるものが出来上がる。社会が厳しい状況に追い込まれると、人の優しさや人生の貴重さに目が開かれる経験をする人は少なくないのも似たようなものか。ただ、冷たい美味を作り出すには微妙なさじ加減が必要だけれど、社会の厳しさは好き勝手に吹き荒れるので、効能よりも被害の方が大きくなる危険は高く、決して待ち望みたくはない。
 熱すぎるものは冷やさないと扱うことができない。鉄は暮らしの中で多用されているけれど、どろどろに熱された鉄に手を出す人はいない。冷やし方によっては強度も増すようだから、冷却という作用を熟知して活用できる技術があれば、とても有意義だ。人の感情も熱く燃えすぎていると、始末に負えなくなることがある。憎しみの類はもちろんだが、歓喜から来る高揚感も暴発することがある。こちらは水をぶっかけて急冷させるのは弊害が大きいので、ゆっくり冷ましてあげることが大切だが、それができる人々が、この世界には欠かせない。
 冷やすことについて、良き知恵と力をと、神に祈り願いたい。この気候のほうは、早く過ぎ去って暖かく、と大いに願うのだけれど。

(2018.2.4)

【大切にしたいものは】

 様々な記念日とか、人生の節目を彩る通過儀礼は、季節を巡り、日々を積み重ねていく上では有意義なものだ。心を込めて過ごしたり、喜び楽しむのもまた、幸いなことである。
 とは言え、その是非が人生そのものを左右するわけではなく、何かのことで機会を逸したとしても、決定的な損失に至るわけではない。旧約に定められている過越の祭りは、イスラエルの民にとって最重要の儀式だったけれど、何かの事情で参加できない事態にあるならば、翌月改めてすればいい、というように、あらかじめ定められていた。神との大事な記念日ですら、この日しかない、逃したら終わり、という感覚ではないのだ。コロサイ1:16-17に、「これらは来たるべきものの影」に過ぎないと告げられているのは印象深い。人は、熱心で真剣であるほどに、そのことを履行することに心を縛られやすいことを、神はよくご存じなのだ。
 成人式で晴れ着の提供を放り出してしまった会社の事件があった。せっかくの楽しみを奪われてがっかりするのは当たり前だし、責任の所在を問い質すのはもちろんである。ただ、報じられていた雰囲気は、まるで人生を奪い取られたかのような同情の仕方であり、晴れ着がなければすべては終わりとでも言いたげな論じ方だったのは気になる。入試にインフルエンザに罹ってしまうことのほうがずっと深刻だろうに、それよりはるかに大騒ぎになってしまっていた。本人の落胆はわかるが、社会全体でその気持ちをあおり立てる様子は、何が大事なことなのかを見失って迷走しているようにすら感じられるものだ。セーターとジーンズで出かけたって記念の時は目減りなどしないし、行くのを諦めるよりも仲間たちに慰めてもらった方がずっと意義があるのに。
 形あるものはいずれ壊れ、人の計画する営みはうまくいかなくなることはある。何を大事に考えて、必死で向き合うべきなのか。影に過ぎないものにこだわりすぎると、物事を見失いかねないことを思う。それは当事者よりも、周りの人々、社会全体の風潮が問われるべきことだと思う。

(2018.1.28)

【主と向き合うために】

 一口に教会堂と言っても、その趣向は多種多様だ。多彩な彫刻や色彩を取り入れて壮麗な祭典を意識したもの、教理的な意味合いを表現することに心を注いだもの、静寂とか神聖さなどこの世と隔絶した空間を意図するもの、反対に街との融合を強く意識しているもの、たくさんの人を収容できる形状一番に考えたもの、賛美あるいは説教など音の伝わり方を中心にして設計されているもの、椅子や空調や照明など居心地の良さを追求するもの、地域的伝統や特性を反映させようとしているもの、礼拝に特化したものもあれば、多彩な活動に応えられるように工夫されているもの、等々。この会堂は狭い敷地に最大限の収容人数を一番に意図して設計されて、それに落ち着いた印象を保てるシンプルさを伴わせている、と言えそうだ。どれが正解ということはないが、訪れてみると、それぞれに興味深く、また、意義深いものを覚えずにはおられない。
 ただ、教会堂は建造物だけでは意味がなく、そこに人々が集まっていて、神を礼拝する声が、動きが宿り、そうやって用いられていてこそ、とは思う。人々がそこで神と向き合い、他の人々と共に立ち、そうして信仰を生きていこうとする場であってこそ、と。だから、何の変哲もない貸しスペースでも教会堂になり得るし、迫害の時代に森の中に集まっていた、建物も何もないような場所もまた、十分に教会堂になりえる。時に、かつては多くの人々が集まっていた場所が閑散としてしまっている場合にも、それでもなおそこに集まり、礼拝する人々がいる限りは、そこはまだまだ歴史的遺跡ではなくて、教会堂であり続けているのだとも思うし。
 時は流れ、社会も世相も変わる。でも、神ご自身は永遠で、その恵みと約束も変わることはない。だから、これからもなお、変わることなくこの幸いの知らせを届け続けたいと思うし、そしてまた、受け取って欲しい相手の変化には注意深くあって、誰もいない方向にではなく、ちゃんと届くように、届けられるようにと心を砕きつつ歩むために、この場所が用いられていくことを願っていきたい。

(2018.1.21)

【成人なら】

 インターネット環境の影響もあるが、粗野な発言が無造作に投げつけられることが多くなった。何かの事件が起こると、みんなで激しい批判を浴びせて袋だたき状態。問題を起こした人に非があるとしても、当事者でも何でもない人々からそこまで言われる必要があるのかとも戸惑う。大半は匿名で、反論もできないし、事実関係に間違いがあっても謝罪されず、なお偽りの情報がこれこそ真実のようにして流布され続けることもある。
 思い浮かんだのは幼子の姿、お化けが出るぞとからかわれると夜はトイレに行けなくなったり、見聞きしたことをそのまま人に話してみたり(親が喧嘩していたとか)。いやいや、それでは子どもたちに失礼だ。彼らは率直なだけで、自分が手にした知識を使ってみたかっただけで、誰かを傷つけたくて言っているわけではない。粗野と書いたが、辞書によれば「言動があらっぽく、相手の感情などを考えに入れないので、人にきらわれがちな様子」(新明解)のことで、それはあまりにも未熟な姿と言わざるを得まい。それは、子どもたちの幼さとは異質な、深刻な課題であろうとも思う。
 大人の定義を一口に言うのは難しいが、物事を自らの責任で決断し、行動できるところまで成長しているかどうか、だろうか。それは決して身体的に経てきた年数の問題ではなく、内実の問題であり、かつ、本人の自覚と志が問われることになる。むろん、時には覚悟をもって厳しい言葉を吐くべきこともあって、ひたすら温和であれば良いというのとは別物だ。
 昔から、社会は大人によって形成されることを前提としている。参政権も、経済活動も、社会の構成員としての資格が認められるのも、大人になったからこそとされている。その見極めが妥当かには不安が残るとしても、少なくともそういう前提は共有され、だからこそ大人になることを願い、成人を迎えた人々を祝い、歓迎し、自分たちが取り組んできたことを託していこうとする。だから、物事をよく見て、しっかり確かめて、真実で、大切なことを握りしめて欲しい。大人たちはそう願うのだ。むろん、自分たち自身もそうあらねばと言い聞かせつつ、である。

(2018.1.14)

【警報】

 新年早々の緊急地震速報には驚いたが、大事なくて何よりである。と思っていたら深夜に強めの揺れがあったけれど、この程度なら今の日本社会ではほぼ安全だ。速報はどうやら誤報の類であったようだが、ここぞという時に鳴らないよりはましだと考え、ちょっとした防災訓練と思えば、そう悪いものではない。
 オオカミ少年、というのがある。いたずらをして、オオカミが来たと村人をせき立ててばかりいると、本物が襲ってきた時に誰も本気にしてくれない、というお話だ。確かに、人々の不安を無用に掻き立て、それをおもしろがったり、商売の種にするのは下劣なことであるし、本当の危機を覆い隠してしまう罪はさらに重い。でも、あの話で戒められるべきは少年だけではなく、真の警報を見過ごした村人たちでもあるはずだ。どうせまたいい加減な話だと決めつけてしまった彼らは、大きな損害を被ることになってしまったのだから。もちろん偽りを語る者が悪い。それでもなお、聞く者たちは何が真実かを自らも尋ね求めていこうとしなければ、責任は誰にあるのかと問い質すことはできるとしても、自分が大きな傷を負うことになってしまったという現実は、消えてなくなりはしないのだ。
 いたずら少年はともかく、物事には明確には判別できないものがたくさんある。自然現象も、人の心の内も、そして、神の教えの真意とか、御業の意義なども、私たちの理解力を越えているものはいくらでもある。人の力は限られているので、理解できないこと自体は責められてもどうにもならない。でも、だから仕方がないと投げ出してしまうなら、残念な事態はそのまま私たちの上に及ぶことになる。わからないなりにも、せめて心備えをしておき、あるいはできる範囲でも準備を整えておくとすれば(地震がいつ来るかは悟り得なくても防災グッズを用意するように)、それは間違いなく自分にとって益となる。
 聖書にはたくさん、神の呼びかけがある。なかなか解明しきれないものがあるとしても、それでもなお応答はできる。それが豊かな価値をもたらす。

(2018.1.7)


※以前のコラムは以下のところからどうぞ。

  02年8月-12月分
  03年1月―6月分
  03年7月−12月分
  04年1月−6月分
  04年7月―12月分
  05年1月−6月分
  05年7月―12月分
  06年1月−6月分
  06年7月−12月分
  07年1月−6月分
  07年7月−12月分
  08年1月−6月分
  08年7月−12月分
  09年1月−6月分
  09年7月−12月分
  10年1月−6月分
  10年7月−12月分
  11年1月−6月分
  11年7月−12月分
  12年1月−6月分
  12年7月−12月分
  13年1月−6月分
  13年7月−12月分
  14年1月−6月分
  14年7月−12月分
  15年1月−6月分
  15年7月−12月分
  16年1月−6月分
  16年7月−12月分
  17年1月−6月分
  17年7月−12月分