大人のための聖書物語


=序=

 聖書がわかりにくい、と感じる原因は、その全体像が見えていないため、という場合が少なくありません。とは言え、これだけの分量がありますから、読み通すだけでも一苦労。それなりに頭に入っているという感覚を求めるならば、ため息を禁じ得ません。
 けれど、この素地をさほど苦労もせずに手にしている人々がいます。それは、教会学校出身の人々です。彼らは幼い頃から聖書物語を繰り返し聞いて、ちょうどおとぎ話を覚えるようにして聖書の流れやおもな出来事が頭に入っています。何か特別な勉強をしなくても聖書物語にふれていることが、この素地を形成する秘訣なのだとすれば、大人になってから聖書に触れ始めた人にも、大いに可能性がありますね。
 そこで、聖書物語を書きつづってみることにしました。あまりむずかしくならないように、教会学校で語られるくらいの程度に、もちろん、大人向けの味付けを加味して。読み続けていただけたら、聖書のおおよその流れ、神様がどんなことなさっているのか、人間たちの様子はどうかということを見ていただけるようになるものと期待しています。
 物語は天地創造から始めるのが筋ですが、ここのところ、創世記冒頭のことを書いたり話したりする機会が多かったので、ちょっと先のところアブラハムの登場から、お話を進めていきます。創造のことは、あとでちゃんと戻ってきてお話しいたしますので。

目次

アブラハムの物語
イサクの物語
ヤコブの物語
ユダの物語
モーセの物語
ヨシュアと士師の物語
サウルとダビデの物語
ダビデの物語
王と預言者たちの物語
補囚地での物語
始まりの物語

キリスト伝1
キリスト伝2
キリスト伝3
キリスト伝4
キリスト伝5


[以降 順次掲載します。現在、教会の月報に連載中なので、月に一度程度の更新です。]